FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

勉強会 後編

本気モードになった母と早紀 二人の行為はさらに続いていき、、、

後編になります~

勉強会 後編

二人がお風呂で行為を続けている その間に体力を回復するため浩司は部屋に戻り眠りについていった

ドシンドシン、、、ドシンドシンッ

「んぅん、、、」

ドシンッドシンッ!!!

リズムよく響く地響きに浩司は目を覚ました
時計はAM1:40 眠りについたのが11時半過ぎだったから2時間ちょっと経っていた

この地響きの原因は多分 母と早紀 それは分かっていた 無理だとは思ったがちょっと注意するため母の寝室に向かっていく

「うわぁ」

寝室に続く廊下には早紀が放ったせーえきが溢れ出しプルプルと揺れている

部屋の中では母と早紀がHの真っ最中で母との結合部分からあり得ない量のせーえきが逆流し壁に放たれていた

「二人とも、、、夜遅いだから少し静かにしてほしいな、、」

「はぁはぁあ、、、ああ、、、こうちゃん、、、ごめんねぇ、、、、、しずかに、、、するねぇ、」
「あぁあ、、、おにいちゃん、、、ごめんなさい、、、しずかに、、、するね」

そういった二人だったが数秒後には激しい早紀の腰振りが始まりベットだけではなく部屋中に振動を響かせていった
早紀は足腰が強く腰振りが半端ない その為ここまで振動が響くのだ

「マアァマァ ママァ、、、またいっぱい、、、でちゃううでちゃうよぉおおおお」
「はあはぁああぁ いいのよ、、さっちゃ、、ん 我慢しないでいっぱいだしてぇええ」
「ああぁぁああああああ」

どびゅどびゅぅうどびゅどびゅぅうどびゅぅうぼびゅどびゅぅうぼびゅぅうどびゅぅううう━━━━!!

爆ぜる音が響き夥しい量のせーえきをしばらく放つと すぐさま腰を振り部屋を揺らしていく
今日だけで既に88発も放っているのにせーえきの量は一向に収まる気配もない
ただそろそろお互いの体力が付きそうになっているのを察知した二人はラストスパートをかけ始めた

ズシンッズシンッ

「うおぉ」

部屋に戻った兄が驚く激しい振動

「はぁはぁはぁはぁ、、、、ああぁぁああ さっちゃんいいわぁああ 本当っすごいわぁああ」
「あぁぁ、、、ママぁ ママァママァアアアア」

出しそうになるのを必死に堪えて堪えて 早紀はママとのタイミングを合わせている

「あぁぁああだ、、だめぇえ だめぇええ」
「さっちゃん、、、いいよ、、いっしょに、、、、いっしょにいこっ」
「う、うん ママァ マァマァァァ マママママママぁあああ」

ぼびゅどびゅどびゅどびゅぅうどびゅどびゅぼびゅどびゅぅうどぶぼびゅどびゅどぶぅううどびゅどびゅぅうぼぢゅどびゅびゅぅどびゅどびゅぅうぼびゅどびゅぅうどびゅぅどぶぅううどびゅぼびゅどびゅぅうどぶぼびゅどびゅどぶぅどびゅどびゅぅううう━━━━!!

本日最大の早紀の射精は母を押しのけ部屋に爆ぜた
その音は浩司を更に驚かせしばらく続いた

「あはぁあ、、さっちゃん、、、」
「あぁあ マ、、マァあ、、」

ふたりはそのまま深い眠りに落ちていった
こうして本日の母と早紀の性の勉強会は終わりを告げた

朝日が差し込む頃 母の寝室に朝を知らせる早紀の夢精が放たれる

「おはよ ママ」
「おはよう さっちゃん 今日も元気だね~ それじゃ朝の濃ゆいさっちゃんミルク頂こうかしら」
「はい ママ~」

こうして二人の一日が始まっていく

スポンサーサイト
[PR]

[PR]

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Koufu

Author:Koufu


Fu-Logでは主にふたなりっ娘の巨根 爆根 大量射精など少しばかり大きかったり多かったりする作品を取り扱っております<(_ _)>

ヘタレ妄想暴走ブログですがよろしくお願いします
リンク等は全然フリーです

Twitter
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
アダルト
9252位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
日記
989位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。